版権所有:

天津天康源生物技術有限公司


会社住所:

天津華苑海泰緑色産業基地E座501

 
E-mail:tiankangyuan@yahoo.co.jp

 
食用香料についての豆知識
 
    日本式ラーメンは独特な硬度、光沢、風味及び色を持っている。ラーメンの素を用いて、日本式ラーメンをよく手軽に作り上げられる。美味しいラーメンは小麦粉の品質、水及び面の作り方によって決まる。日本では、ソーダ水と呼ばれたアルカリ性添加物が大きい役割を果たす。

    ラーメンの素を水の中で溶解しさえすれば美味しいラーメンが作られる。
1生鮮麺
     小麦粉25kgごとにラーメンの素200gを添加する(0.8%)。小麦粉25kgで作る時、まずラーメンの素を、水8.5~9.0kgを入れた容器の中に少しずつ溶解する。、この時は発泡現象を発生するが、すぐに消えて透明な液体状になる。この混合液を小麦粉と少しずつ混合して練粉になる。そして、その練粉を2-3時間放置する後で、ラーメンを作ることができる。
 
2. インスタントラーメン
     用水量を適切に減少するほか、この使用方法が生鮮麺の使用方法と同じだ。インスタントラーメンの作り方には、揚げるときに褐色になりやすくいので、ラーメンの素がこの問題を有効に解決することができる。またこのラーメンの素の使用量も0.8%で、生鮮麺の使用量と同じだ。 
 
 
    この製剤は日本式アイスクリームの作りに調合し、安定な食感、風味、色を持つアイスクリームをよく手軽に作り上げられる。
 
       
葡萄酒・飲料用の沈殿物の濾過製剤    
[葡萄酒の製造工程]* 発酵後
(発酵)
(濾過)発酵終了後、酵母の残留物、酒石酸及び蛋白凝縮物が容器底に沈殿する。そして、上澄液を他の溶液の中に移す。
(再濾過)濾過工程はそのまだ沈殿しない不純物及び瓶詰め後出現する可能性がある二次沈殿を抑えることができない。だから、再濾過を行う必要がある。
(熟成)
[次の工程]
[再濾過工程]
((再濾過製剤の添加)容器の中で、この製剤を15-20分攪拌して均等に分布させる。
(再濾過の確認)沈殿物の存在を確認する後で、上澄液を他の容器に分離する。
(熟成) or (濾過) 熟成後濾過と濾過後熟成という2種類の方式がある。
(熟成) or (濾過)

[注意事項]
    本剤はアルギン酸ナトリウム、PCPP、珪藻土及び中性ケイ酸アルミニウムを含む。使用時、国の基準を参照してください。
 
    日本のカプセル技術を採用する。